タマ日和

のら猫レオとの生活を書いていきます。
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPタマといた日々 ≫ 17. 弟の荒れた中学生活

17. 弟の荒れた中学生活

私の家には下に男の子がいます。
タマがもっとも恐れている一人息子です。

この息子が中学に入学して、小学校からやっているバスケット部に入部して、張り切って学校に行っていました。

しかし、夏休み近い頃からなんとなく制服は乱れ、髪は茶色にカラーし、眉は細く剃り、少しずつだらしなくなってきました。

私の育て方が悪いのか、本人が弱いのか、先輩達にいじられ、だんだん別人のように変わっていったのです。

もう中学2年になる頃にはいっぱしのワルでした。

私はいつも先生に呼ばれ、荒れた中学生活を送るようになっていました。

もちろんバスケ部は、もうワルの集まりのようでした。
だから弱い弱いチームでした。
弟の荒れた中学生活
しかし息子は、心はいつもまっすぐで本来はまじめな性格です。

親バカですが、そう私は思って息子を信じ、じっと耐えていました。

今はそんな時期、大丈夫と。
そうだったみたいで、中学3年になる頃にはもうワルの世界は卒業したように、バスケ頑張っていました。

しかし、ほんの少しの不良生活に高校ということばはなく、なかなか高校はなく、バスケの有名な高校に自分自身をアピールして、入学させてもらいました。

そんな息子をタマはにがにがしく見守っていたことでしょう。
関連記事

 ↓
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村へ

Comment

編集
我が家の息子もそんなじきがありました、
でも見守るしかなかったです、私はなぜなぜと思いましたよ、でも信じるしかなかったです~(^∇^)
今はもう叔父さんです(笑)
2014年07月15日(Tue) 15:49
ネコチャンへ
編集
本当にあの頃は信じるしか
なかったです。
でも今はもう25才です。
早いです、成長するのは。
2014年07月17日(Thu) 08:41
こんにちは。
編集
そうだね。
究極は信じる力だよね。
まさにそれが勝ったんだね。

きっとタマさんも物凄く陰で祈ってたのかもね。
立派に成長して本当に良かったね。
2014年07月19日(Sat) 19:35
クリちゃんへ
編集
“こんにちわ”
信じることはすごいことです。
だから今があるのです。
2014年07月21日(Mon) 09:07












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL