タマ日和

のら猫レオとの生活を書いていきます。
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPタマといた日々 ≫ 10. 阪神大震災と母(1)

10. 阪神大震災と母(1)

私たち家族にとって忘れもしない阪神大震災、私の母は当時、神戸に住んでいました。

もちろん私も神戸生まれ神戸育ち、22年間いました。

その日、1995年1月17日午前5時46分、私はその日の朝はこんな地震にもかかわらず寝ていたのです。

ある一本の電話、主人の妹さんから「神戸大変なことになってるヨ」。

私はさっそく母に電話しましたが、通じるわけもなくテレビをつけると、なんと私の神戸が無残なことに。

前日まで私と娘二人で母の所に行っていたのです。

それは虫の知らせか私の知っている神戸の最後でした。

そして昼ごろに届いた宅急便。
私が神戸で買った荷物を送ってくれたものです、なんと皮肉なこと。

そして母から連絡がありました。
近くの公衆電話でからで、何時間も待ってかけたとのこと。

「元気だよ、でも家ないよ」。
なんということ、母は小学校にいるとのことでした。

さっそく娘の学校に電話をして、「おばあちゃん元気だよ」と伝えました。
娘はとても心配しながら学校に行ったからです。

母は、家は壊れ、隣の家まで火災がきて、寒い外で不安に見ていたようです。
阪神大震災と母(1)
なんと皮肉なこと、生きるということの過酷さを知りました。

そんなことを知ってか知らずか、タマはその日は一日静かにしていました。
動物はそんな空気を読めるのでしょう。

これから母との暮らしがあることも知ることもなく、タマはゆったりのんびりです。
関連記事

 ↓
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村へ

Comment

編集
震災大変でしたね~お母さん怖かったでしょうね、地震は突然の事なので怖いですね、でもご無事で良かったですね。
タマちゃんはわかっていたと思いますよ、でも寝顔を見ると安心しますね、タマちゃんに
癒されます!
2014年04月07日(Mon) 23:40
ネコチャンへ
編集
地震は大変でした。
私は83歳の母を見ていて
初め泣いたのを見ました。
それほど悲しかったのだと思います。
2014年04月09日(Wed) 16:48
こんにちは。
編集
僕はあの震災を経験して無いけど、チョミさんは
人間だけだったから良かったって言うよ。
家が傾いてぐちゃぐちゃになって、僕達まで居たら
探せなかったかもって。

タマさんと一緒に暮らすことになったんだね。
2014年04月12日(Sat) 15:34
クリちゃんへ
編集
こんにちわ
本当ですねぇ。
震災は人間も動物も
我慢の連続です。
タマは神戸にいなくてよかったです。
2014年04月15日(Tue) 22:47












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL