タマ日和

のら猫レオとの生活を書いていきます。
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPその他 ≫ こうのとり知っていますか?

こうのとり知っていますか?

下の子供が今豊岡市にいて、たまたま遊びに行った時、こうのとり公園に行ってみました。

こうのとりと言えば、あの皇太子さんが発言した「こうのとりにお伺いしてみましょう」と言った言葉が思い出されます。
こうのとり知っていますか?
私はこうのとりを一度見てみたいと思っていたのですが、見てみて顔がお面のように怖いのでびっくりしてしまいました。

意外でした。

私は昔から鳥のイメージは意地悪なイメージを思っていましたので、やっぱり猫が一番好きだと思いました。

猫は自由きままで、ほのぼのとして心癒されますから、やはり猫でしょう。
関連記事

 ↓
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村へ

Comment

編集
野生のコウノトリ、何度か見たことありますよ。
写真もバシバシ撮りましたが、訳あってブログでは出せません・・(TT)
コウノトリがカエルやオタマジャクシやドジョウを食べる瞬間の顔・・・これがまた、最高に恐ろしい顔をなさってます。
またコウノトリさんに会う機会があれば、しばらく観察してみてください。
思わず、笑ってしまうくらい、怖い顔です。
見る価値ありですよ(笑)
2013年06月04日(Tue) 02:29
こんにちは。
編集
コウノトリは知ってるよ。
確かに鋭い感じはするね。
宇田っちは鳥さん苦手らしいよ。
でも僕は大好きなんだ。
2013年06月06日(Thu) 18:32
ステップマザ~sana さんへ
編集
今度コウノトリ見る機会あれば
見てみます。
でも怖いのであまり見れないですけど...
2013年06月07日(Fri) 18:56
クリちゃんへ
編集
“こんにちは”
私も鳥は苦手です。
何か鳥は意地悪な感じがするのでね。
2013年06月07日(Fri) 18:58
編集
こうのとりさん…赤ちゃんを運んでくる鳥さんとして有名ですよね。
まったく別のブログで猫と鳥と他の様々な生き物たちが仲良く(ケージもなく)共生して生活してる姿を見て、「生きとし生けるもの・その家族を思う生き様にはニンゲンも彼らも何も差異はない」とめめのすけ的に思う昨今。生まれ来るもの去りゆくもの。長く生きなければいけないニンゲンは色んな意味でしっかりしなくちゃいけないんでしょうね。。。
めめももしかしてどこかに何かに生まれ変わってこうのとりさんに運ばれて来てるのかしらん。
…こうのとりさん、お届け先本当に間違ってない?
平均寿命までまだまだまだある人間としては元気出さねばいかんのだと思います。
タマちゃんもまた和みさんの元に来たがってるかも知れませんよー
2013年06月11日(Tue) 01:05
めめのすけさんへ
編集
ですね。
私も日々タマの若かりし写真をながめては
タマにがんばる力をもらっています。
私の家族はみんなタマに力をもらって
今年も元気に生きてます。
タマも亡くなって大変です(笑)。
2013年06月13日(Thu) 11:22












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL