タマ日和

のら猫レオとの生活を書いていきます。
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ タマといた日々
CATEGORY ≫ タマといた日々
       次ページ ≫

22. タマの最後(ありがとう)

タマと生きた22年間の最後を書きます。

タマと22年間一緒に歩んできたこと、本当に感謝してます。

タマがいたから松江の町で生きてこれた、二人の子供も育ててこれた。

タマが家の前で横たわっていなかったら、本当に・・・です。

下の子が警察官の就職に合格して安心したのか、私は最後タマに「もういいよ、ありがとう」と言った言葉を安心して聞いて、私の腕の中で安らかに眠りました。
タマの最後(ありがとう)
もう最後は動けなかったのに、お姉ちゃんの部屋の前まで動いていました。

私の仕事の帰りを待っていました。

最後までタマは真面目な性格なんでしょう。

本当にタマは一生懸命生きたのでしょう。

私もこれからタマがいなくてもしっかり自分のために生きたいと思います。

まだまだ56才頑張ります。
 ↓
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村へ

21. みんなハチャメチャ

子供達もそれぞれ大人になり、私との親子関係もギクシャク、私が追いかければ追いかけるほど子供達は逃げる時期でした。

娘も20才をすぎ、下の弟も大学に入学、みんないっぱしの大人のような気分の頃でした。
みんなハチャメチャ
タマといえば、老人の部類でもまだまだ子供たちがいなくても元気で、自分の時間を楽しんでいるように思えました。

私もタマのように自分のことを考えて、ドーンと構えていたら良かったのですが、なかなかタマのようにいかず、子供達に振り回され続けるのです。

こんなことがいつまで続くことやら、と思いながら私もそれを喜んでいた所もあったようです。

今思えば。
 ↓
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村へ

20. 上の子20才(成人式)タマ喜ぶ

上の子も20才、一人だけの女の子なのでなんか親の方も力が入り、成人式に子供
の嫌がるのも無視して振袖を着てもらいました。

タマも一緒に写真を撮り、とても喜んでいました。
上の子20才(成人式)タマ喜ぶ
この頃が家族みんなが充実した時なのかなあ、と振り返れば思います。

上の子もCAの夢を追いかけ、下の子はバスケ全国大会へと夢がいっぱいあり、
前へ進んでいた頃でした。

今思えは、夢を追いかけている頃が一番しあわせなんだなあ、と思います。

苦しいけどしあわせ、人間は目標を持って進んでいる頃が一番輝いているのでしょ
う。

 ↓
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村へ

19. 下の子高校生

上の子が神戸の大学に入学し、下の子は高校生、ようやくバスケットに本格的にがんばる気になったようです。

3年間はみっちりバスケザンマイの毎日。

時々ストレスがたまり、ズル休みができる性格でもなく、夜コンビニに行ってお菓子を買い込み食べる日々。

なかなか可愛いストレス解消方法でした。

タマもますます元気、子供たちの大変な毎日を知る様子もなく、楽しい毎日を過ごしていました。

しかし、楽しく過ごしてばかりでもなく、オス猫とケンカをしてお尻をかまれ、死ぬ思いをしたこともありました。
下の子高校生
一週間は熱にうなされ大変でした。

そんな平凡な毎日でもあり、変化のある毎日でもありました。

みんな元気で若かったのだと思います。

だれも苦しみながら張り切っていた毎日でした。

 ↓
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村へ

18. 高校になった長女

長女が高校に入学して、タマも12才になり、みんな少しずつ落ち着いた年頃です。

長女は中学校の一つ先輩の人とつき合っていました。

タマは、その人が部屋に時々遊びに来ることが、気に入りませんでした。

つき合っている彼が遊びに来たときは、いつも二人の真ん中にいるという、親の私としてはとても安心なタマの行動に喜んでいたのです。

タマは女の子は大好きで、いつも上の子の友達には可愛がられていました。
高校になった長女そのころは、タマもますます元気で色々遊び盛りの真っ最中で、夜中から朝まで
帰ってこないこともしばしば。

私はいつも大きな声で「タマ!、タマ!」と家の周りを夜中なのに近所の迷惑も
も考えずさまよっていました。

今考えれば本当にタマはおバカですねえ。
 ↓
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村へ